サーフィンで波に乗れ!

大きく分けて三種類のサーフィンボード

サーフィンボードには大きく分けて三種類のボードがあります。全長が長いロングタイプ、短いショートタイプ、中間サイズのファンタイプの三種類です。板の全長が長いほどに浮力が増し海面上で安定します。のんびりサーフィンを楽しみたい場合には、安定感のあるボードの方が有効です。逆に、短ければ取り回しが楽になり活発なパフォーマンスをすることができます。波上で様々な動きをするのに有効です。中間のファンタイプはショートタイプより安定しロングタイプより、板の取り回しが楽な板です。安定しているため、沖までパドリングしやすく、多くの波を乗るのに適しています。基本的に上級者になるほど板の長さは短くなります。波の上で板を操る技量が問われるためです。しかしパドリング中は不安定で体力の消耗度は大きくなります。チューブなどの波間を潜り抜けるようなサーフィンは、短い板の方が最適です。サーファー自身のレベルや楽しみ方に合わせてボードを選ぶと良いでしょう。

サーフィンを始める最大のポイントがボード選び

サーフィンを始めようとした時に一番気を付けたいのがボード選びです。選び方を間違えると、サーフィンの楽しさがわからないまま、海に行くのが苦痛になり、サーフィンが嫌になってしまいます。ボード選びはショップの店員に相談するのが一番ですが、相談する前に、サーフィンの楽しみを自分でイメージすることが大切です。海に入る頻度、のんびり波に乗るかアクティブに乗るかというサーフライフのイメージを持つと良いでしょう。スクールなどで体験しておくのも良いことです。実際に、大きな波の上に乗る快感は他のスポーツでは味わえません。しかし、なかなか上達しない辛さや沖まで手で水を掻き続けるパドリングの辛さもあります。楽しい部分と辛い部分の両面があり、選び方を失敗すると辛い部分がクローズアップされてしまいます。
最初は、パドリングしやすい安定したボードを選ぶと良いでしょう。辛さを軽減することが大切だからです。厚みのある長いボードがお奨めです。慣れるまで立つことを優先する方が良いでしょう。意外と高価な道具です。中古品選びでは、穴や傷を確認すると良いでしょう。穴や傷は水を含むと重くなり、バランスが悪くなるからです。

check

神戸 税理士

2017/5/26 更新